一人暮らしの部屋探しを終えるトップへ

一人暮らしの部屋探しと契約内容

一通り契約金の説明が終わると、今度は重要事項の説明が始まった。これもいまいちなんの事か分からないので、そうやって担当の方に聞くと丁寧に説明してくれた。一人暮らしの部屋探しをする事によって、また1つ新しい知識を得る事が出来た。重要事項説明というのも初めてだったので、分からないところは質問しながら聞いていった。一人暮らしの部屋探しで契約の内容が分からないまま新生活をはじめてしまうのは、なんとなく気が引けるからね。

一人暮らしの部屋探しを通して学んだ

その後は書類を渡されて、記入するところを教えてもらい、必要書類も教えてもらった。一人暮らしの部屋探しを通して学んだのは、家を借りるには住民票やら保証人の印鑑証明やら必要なものが結構あるということだった。いやー、普段使わないものばかりで親に一緒に来てもらっていて助かった。初めての一人暮らしの部屋探しはこれで終わりをむかえるわけだけど、自分の知識のなさに恥ずかしさを覚えた。勉強ばかりじゃ意味がないんだね。

一人暮らしの部屋探しは時間がかかる

書類の説明も終わって帰宅する電車の中で、両親と今日の事について話し合っていた。一人暮らしの部屋探しが案外早く、簡単に終わったのが良かったと言っていた。本当は夜までかかるか、もしくは今日だけでは決まらないかもしれないと思っていたらしい。自分でも一人暮らしの部屋探しはもっと時間がかかるものだと思っていた。あんなに良い物件がいきなり見つかるとはね。まさかオートロックマンションに決まるとは夢にも思っていなかった。

Copyright 一人暮らしの部屋探しを終える 2017
無断転載、無断コピー等一切を禁止します